岡山市 IDC アイデンタルクリニック

インプラント

インプラントとは?

インプラント治療とは、歯を失った部分に「インプラント」とよばれる、「人工歯根」を埋入し、見た目、機能ともに「ご自分の歯」と変わらない状態の「人工の歯」をつくる方法です。 骨との親和性の高い「チタン金属」の「人工歯根」を利用することにより、自分の歯と同じような感覚で食事をしたり、 話をしたり出来る新しい歯科治療の技術です。

従来の方法との違いは?

歯がなくなった場合、「歯が何本くらい無くなったか」や「どの場所の歯がなくなったか」などにもよりますが、従来は「ブリッジ」や「部分入れ歯」の主に2つが使われてきました。

従来の方法とインプラントを比較してみましょう。

インプラントの特徴

  • 咬み心地は自分の歯とほぼ同じ
  • 前後の歯を削らなくてよい
  • 見た目がきれい
  • 残った自分の歯を保護する効果がある

ブリッジの特徴

  • 前後の歯を削ってブリッジを固定するので、前後の歯が健康な場合でも削る必要がある。
  • 残った自分の歯に過剰な負担をかける(残った歯の寿命が短くなることがある)
  • 保険のブリッジは見た目が悪い(奥歯は銀色)

入れ歯

  • 違和感、異物感が強い
  • 残った自分の歯に過剰な負担をかける
  • 見た目が悪い
  • 咬み心地が悪い
  • 味がわかりづらくなることもある

「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の実際の例

インプラント


向かって左下奥の2本がインプラントです。言われないとどこを治療したのかわからないほど見た目が自然です。

ブリッジ


下図左側は保険の奥歯のブリッジです。保険治療では、奥歯はこのような「銀色の歯」になります。

下図右側は保険外のセラミックのブリッジです。保険外のブリッジでは「見た目」はこのように自然ですが、ブリッジの宿命である、「残った歯に過剰な負担をかける」、「前後の歯を削る必要がある」という欠点は補えません。

入れ歯


保険の入れ歯です。「自分の歯に比べて咬み心地が悪い」、「笑うと金属の留め金が見えて見た目が悪い」、「異物感がある」などの欠点があります。

I DENTAL CLINICのインプラント治療

検査編

インプラント治療は外科的な処置も含み、1度行うと、後から修正が効かないため、術前の「診査、診断」がとても大切です。

I DENTAL CLINICでは術前の「診査、診断」をとても大切に考えています。I DENTAL CLINICで行っている術前の検査をご紹介します。

  1. お口の中全体が写るレントゲン(パノラマレントゲン)

    インプラント埋入部の骨の状態、ご自分の歯の歯周病の状態、顎関節の状態、上顎洞の状態、下顎神経の走行などをチェックします。

  2. 細かい部分の骨の状態を見るレントゲン(デンタルレントゲン)

     インプラント埋入部の骨の状態、ご自分の歯の状態などを詳しく見ます.

  3. お口の中の写真、視診

  4. お口の中の状態を模型におこし、「半調節性咬合器」という、精密機械につけて検査

    インプラント後の「咬み合わせ」や「審美性」を検討します。

  5. 歯周病の検査

    歯周病はインプラントの成功率などに影響するため必須です。

  6. 顎関節、咀嚼筋の検査

     インプラント治療により、咬み合わせを安定させ、あごの関節(顎関節)や咬む筋肉(咀嚼筋)を良い状態に導くのも治療目的のひとつであるため、顎関節や咀嚼筋の検査も行います。

  7. 診断用ワックスアップ

    ワックス(蝋のようなもの)を用いて、術後の状態をシュミレーションし、治療のゴールを明確にします。(1本当たり\2,000+消費税)

  8. CT撮影

    従来のレントゲン写真は、2次元像であるのに対し、CT撮影により3次元的な骨の状態を把握することができます。(詳しくは「歯科用CT」をご覧ください) また、CT撮影画像をもとに、コンピューターソフトを用いて3次元的インプラント埋入シミュレーションを行います。 (CT撮影料、診断料 \20,000+消費税)

治療偏

I DENTAL CLINIC歯科医師によるインプラント治療例です。

  1. 下の歯の向かって左側の一番奥をインプラントにより治療しました。(そのほかの歯もセラミックにより治療しています。)

    「すごくよく咬めるし、きれいになってとてもよかった。歯に対するコンプレックスがすっかりなくなってよく笑うようになった。」と喜んでいただくことができました。

  2. 下の歯の向かって左側の奥3本をインプラント治療しました。

    「歯がきれいになってみんなに若くなったと言われるようになった。」と、とても喜んでいただきました。歯の治療、とくに歯の機能も見た目も同時に回復させるインプラント治療はまさに「アンチエイジング」ですね。

  3. この方も下の奥歯を2本インプラントで治療しました。

    「インプラントにしてから食事がとても美味しくなった。グルメ旅行に行くのが趣味になった。」と喜んでくれました。

  4. 上に1本インプラント治療をしました。ご自分の歯には歯周病があったので同時に歯周病の治療もしました。

    「すごく咬めるようになった。歯を治療してからゴルフの飛距離が伸びた。」とおっしゃっていました。

特別な処置を併用したインプラント治療

インプラントは骨の中に「人工歯根」を埋める方法なので、残った骨が少ない場合は、何らかの「骨をつくる処置」が必要になります。

I DENTAL CLINICでは、下の歯では「GBR法」、上の歯では「歯槽頂アプローチによるサイナスリフト(別名「オステオトーム法」)」と呼ばれる侵襲の少ない方法をよく用いています。

他院にて、「骨が少ないからインプラントは無理」と言われた方も、まずは一度相談してみてください。

GBR法の治療例

向かって右下の2本をインプラント治療予定ですが十分な骨がありません。「GBR法」という特殊な膜を使う方法を併用して、インプラントを埋入しました。 十分な骨をつくり、インプラントを埋入することができました。

「オステオトーム法」の治療例

向かって左側の上の奥の歯がありません。レントゲンやCTで確認するとこの部分にはインプラントを埋めるほどの骨の量がないことがわかります。

そこで「オステオトーム法」と呼ばれる方法を併用してインプラントを埋入しました。術後には「上顎洞」が挙上され、インプラントを低侵襲で埋入することができました。

向かって右奥にインプラント埋入予定ですが、レントゲンやCTから骨の量が不足しているのがわかります。

「オステオトーム法」を併用し、インプラントを埋入しました。術後はインプラントの周りに骨ができているのがわかります。

I DENTAL CLINICのインプラント治療料金表

基本料金

診断用ワックスアップ 本数に応じて
CT代(他院にて撮影) \20,000+消費税
1次手術(インプラント埋入) \180,000+消費税
2次手術(土台を装着) \50,000+消費税
仮の歯 \15,000+消費税
アバットメント チタン \50,000+消費税
          ジルコニア、ゴールド \80,000+消費税
最終的なかぶせ(セラミック+金属) \120,000+消費税
\435,000〜+消費税
  • インプラント1本あたりの治療費です。(インプラント治療は保険がききません)
  • 2本目からCT代はかかりません。
  • その他、「骨をつくる処置」や「丈夫な歯茎をつくる処置」などが必要となる事があります。
    その場合、別途料金が必要になります。
  • インプラントフィクスチャーは10年、上部構造(かぶせ)は5年の無料補償付き。
    ただし、定期的メインテナンスに応じてくださる方に限ります。

オプション

外科処置
(「骨をつくる処置」や「丈夫な歯ぐきをつくる処置」は基本料金に別途料金がかかります)

GBR法 1本 \80,000+消費税
オステオトーム法 1本 \50,000+消費税
FGG(丈夫な歯ぐきをつくる方法) 1本 \50,000+消費税

世界的信用のある「カルシテックインプラントシステム」を使用しています。

世界で実績のある「カルシテックインプラントシステム」を採用しております。

  • カルシテックインプラントシステムとは、Zimmer Dental社のインプラントです。 Zimmer Dental社では品質、精度、操作性、応用性、予知性、審美性、経済性など厳しい条件を満たした製品を提供しており、 世界で最も信頼性の高い製品であると評価されています。

I DENTAL CLINICのインプラントは安心の10年補償

I DENTAL CLINICのインプラントは安心の10年間無料補償です。ただし、定期的メインテナンスに応じて下さる患者様に限ります。また、ナイトガード装着の指示の合った患者様はナイトガードを使用している場合に限ります。
インプラント上部構造のセラミッククラウンは自損の場合を除いて5年間無料補償致します。

各種クレジットカード取扱あり

VISA 、MASTER、JCB、DINERS、AMEXの各種クレジットカードを扱っています。
ただし、支払額が\30,000を超えるときのみ使用可能です。(保険診療では使えません)

医療費控除について

自分自身や家族のために支払った1年間の医療費の総額が\100,000を超えた場合、一定の所得控除を受けることができます。これを医療費控除と言います。 控除を受けた金額に応じた所得税が減額されます
その他インプラントについてもっと詳しく知りたい方は「歯の健康」→「インプラントQ&A」へ

(C) 2010 I DENTAL CLINIC Rights Reserved