岡山市 IDC アイデンタルクリニック

むし歯治療

拡大鏡
拡大鏡

I DENTAL CLINICでは、むし歯治療に「無痛治療」の術式を取り入れているため、安心して治療を受けていただけます。さらに保険のむし歯治療であっても、「拡大鏡」の使用や、「精密な技術」の導入によって、美しさや正確さにこだわっています。

 

虫歯の治療例

どうしてむし歯になるの?

むし歯は「むし歯菌」によって起こる病気です。しっかり歯磨きしないとむし歯になってしまいます。
「むし歯菌」は「酸」をつくり出します。「酸」は歯を溶かします。
どうして、むし歯になるのか?

たとえば、コーラなどの「炭酸」も「酸」です。ですから、たとえば抜いた歯を一日コーラなどの「酸」の中につけておくと、歯はたちまちボロボロになってしまいます。

「むし歯菌」の出す「酸」が歯を溶かすため、むし歯になると歯に穴が開くのです。

ところでその「むし歯菌」は「歯垢(しこう)」の中に住んでいます。
歯磨きをサボると、歯の表面にぬるぬるとした白いものが付いてきますよね。あれが「歯垢」です。
ちょっとお行儀が悪いですが、前歯の表面を爪でこすってみてください。爪に「歯垢」が付いてきましたか?もしついてきたなら、今すぐ歯磨きをしましょう(笑)。
その「歯垢」の中にたくさんのむし歯菌がいるのです。

ちなみに「歯垢」は「プラーク」ともいわれます。最近はCMでも普通に使われているから、こっちの名前の方を知っているかもしれないですね。
歯磨きをサボると、「歯垢」がたまる。「歯垢」がたまると、その中にいる「むし歯菌」が「酸」をつくりだし、歯を溶かす。この「むし歯菌」によって、歯が溶かされた状態を「むし歯」というのです。

むし歯になると歯が痛くなるのはどうして?

むし歯になると歯が痛くなることもありますね。それは、むし歯菌が歯の中にある「歯髄(しずい)」を刺激するためです。
歯の中に「歯髄」というものがありますよね。
歯の中に「歯髄」という神経がある。
この「歯髄」には、「歯の神経」が通っています。「神経」というのは「熱い」とか「冷たい」とか「痛い」とかを感じる組織です。むし歯が大きくなると、この「歯の神経」を刺激します。
むし歯が大きくなると、この「歯の神経」を刺激
そのため、むし歯が大きくなると痛くなったり、冷たいものや熱いものがしみたりするわけです。

むし歯でも痛くないことがあるの?

歯が痛いのは全てむし歯が原因なの?

歯が痛いと真っ先に「むし歯かな・・・?」と思いますよね。確かに、歯の痛みの原因で一番多いのはむし歯です。
ただし、それ以外にも歯が痛くなる原因はたくさんあります。
たとえば、「歯が浮くような痛み」は「歯周病」でよく引き起こされる痛みです。
「知覚過敏」では、「歯がしみるような痛み」を引き起こします。
「咬み合わせの不良(たとえば咬み合わせが高すぎる)」などでも痛みは起こることがあります。
他にも「歯ぎしり」や「くいしばり」で歯に「過剰な力」がかかった場合も痛みが出ることがあります。
さらに「歯の根の先が膿んでいる状態」でもずきずきとした痛みが出ることがあるのです。

このように「歯の痛み」にはいろいろな原因が考えられます。ですから自分で判断せず、すぐに歯医者さんに行って調べてもらうことが大切です。

むし歯の治療にはどんな方法があるの?

「ごく初期のむし歯」に関しては、歯を削らずに詰めたりする方法もあります。ちなみにこれは「シーラント」という方法です。
「シーラント」
「シーラント」のような、ごく一部の例外を除けば、むし歯の治療で、科学的に確実に裏付けのある方法は基本的には、むし歯の部分を削って詰める方法です。

むし歯につめる「つめもの」の種類をみていきます。

まず、つめものには「保険が効くもの」と「保険が効かないもの」があります。
「保険が効くもの」にはおもに、「コンポジットレジン」と「メタルインレー(銀色のつめもの)」があります。
「コンポジットレジン」は「前歯のむし歯の治療」や「奥歯の小さなむし歯の治療」におもに使われます。
「コンポジットレジン」による治療
「メタルインレー」は「奥歯の比較的大きなむし歯の治療」に使われます。むかしは「アマルガム」という黒っぽい金属もつかわれていましたが、(水銀が含まれていたり、歯を黒く変色させたりするため)今はほとんど使われなくなりました。
「メタルインレー」
I DENTAL CLINICでも「アマルガム」はいっさい使用していません
I DENTAL CLINICでも「アマルガム」はいっさい使用していません。

「奥歯でも白い歯にしたい」という方には「保険のきかないつめもの」である、「セラミックインレー」や「ハイブリッドセラミックインレー」がお勧めです。
「ハイブリッドセラミックインレー」や「セラミックインレー」なら奥歯の比較的大きなむし歯でも白いつめものにできます。(詳しくは「審美歯科」をご覧ください)
奥歯でも白い歯にしたい人におすすめの「ハイブリッドセラミックインレー」や「セラミックインレー」(保険適用外)

これらは、保険が効かないので値段はある程度しますが、(値段に関しては「各種治療費」をご覧ください)、歯の色に近く、とても自然な見た目が得られます。
どの方法を選ぶかは、人によって「価値観」が違うため人それぞれです。
「お金が高くても白くてきれいな歯にしたい」という人もいれば、「見た目は気にならないから銀色でいいや。」という人もいますよね。

私自身の考えとしては、歯というのは「素敵な笑顔」のためにも、「全身の健康」のためにもすごく大切なものだと思うため、お金をかける価値のあるものだと思っていますが・・・。
いずれにしても「あなた自身に合った方法」をよく考えて選ぶことが大切です。

(C) 2010 I DENTAL CLINIC Rights Reserved